端午の節句とは

人形供養・花月堂 兜
人形供養・花月堂 鯉のぼり
人形供養・花月堂 菖蒲
端午の節句は五節句(*1)のうちのひとつで、奈良時代から続いている日本伝統の行事です。

端午の「端」は初めという意味で、「午」は数字の5と同じです。つまり端午とは月の始めの5日目という意味になります。

5月は春から夏への季節の変り目になりますので、昔から疲れが出たり病にかかりやすい時期でした。 それを防ぐために古くから邪気祓いの力があるとされていた菖蒲を飾ったり、菖蒲湯につかって邪気祓いをしていました。

江戸時代の中頃に、この風習は女児の桃の節句に対し、男児の誕生や成長を祝う行事になっていったようです。戸外に鯉のぼりや幟(のぼり)を立て、室内には鎧兜を飾って、男児の健やかな成長を祈る行事となりました。

鎧や兜は自分の身を守り安全に暮らせるように、鯉のぼりは出世魚(*2)とされていますので成長や出世を表し、また菖蒲=尚武〔しょうぶ〕、勝負とかけて男児の強くたくましさを願ったものとなっています。
端午の節句に食べる粽(ちまき)や柏餅は縁起物です。粽は中国の故事から魔よけの意味があり、柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちないため「家系が途絶えない」という意味で子孫繁栄を表しています。

*1
七草の節句   【人日(じんじつ)】 1月7日
桃の節句    【上巳(じょうし)】 3月3日
菖蒲の節句   【端午(たんご)】  5月5日
七夕(たなばた)【七夕(しちせき)】 7月7日
菊の節句    【重陽(ちょうよう)】9月9日

*2
中国に古くから伝わる登龍門の神話。黄河上流にある龍門という急流の滝を1匹の鯉が登り切り、霊力が宿って龍となり天へ昇っていったとされていることから、鯉は出世魚とされています。


>> ページTOPへ

端午の節句に飾るお人形

5月人形といえば鎧や兜、鯉のぼりが主流ですが、武者人形などを飾ることもあります。ガラスケースに入ったお人形が多く、親戚や友人から送られることが多いようです。武者人形は男児に強くたくましく育って欲しいという願いから、伝説的な英雄や物語の主人公が中心になっています。

・金太郎(坂田金時の幼名とされている)・・・足柄山で熊と相撲をとったとされる力持ちの元気で優しい子供。
・桃太郎・・・有名なおとぎ話の主人公。イヌ、サル、キジを従え、鬼ヶ島まで鬼を退治しに行った。
・牛若丸(源 義経の幼名、または稚児名を遮那王)・・・平安時代末期の武将。平家との戦いで活躍した。
・武蔵坊弁慶・・・平安時代末期の僧兵。元は比叡山の僧で、義経に仕えた豪傑。
・馬上大将・・・徳川家康、織田信長、伊達政宗、武田信玄、上杉謙信、本多忠勝など
・神武天皇・・・『日本書紀』『古事記』に登場した初代の日本の天皇とされている人物。天照大神の子孫。
・鍾馗(しょうき)・・・中国に伝わる道教系の神。
 唐の玄宗皇帝が病にかかり床に伏せていると、宮廷内で悪戯をしていた小鬼を大鬼(鍾馗)が退治してくれるという夢を見ます。夢から覚めた皇帝は病気が治っていたという言い伝えから、魔除けの神様とされました。

その他に、幸運が舞い込んでくる、勝ち馬に乗れるとも言われている「飾り馬」を飾る風習もあります。

*鎧や兜、鯉のぼり、ガラスケース入りの武者人形たちも、人形供養・花月堂ではご供養をさせて頂きます。ご料金についてなどご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。


人形供養・花月堂 金太郎 人形供養・花月堂 鍾馗 人形供養・花月堂 飾り馬



>> ページTOPへ

御人形の配送でお困りの方!神奈川県引取りにお伺いいたします

人形供養

神奈川県以外の方は配送にてお申込みが可能です

配送業者を利用して 御人形を送って頂ける方には、御供養料金を
割引(20%off)させて頂くサービスも行っております。
※お申込みページよりお申込み手続きをして頂くと、割引された金額が表示されます。
※御人形の送料はご負担をお願いしております。

人形供養

>> ページTOPへ

皆さま人形供養の申し込みありがとうございます

現在の申込み状況(最新10件)
  申込日時 申込ID 住所 供養料
1 17/05/28 14:05 1631 伊勢原 10,800円
2 17/05/27 16:13 1630 伊勢原 5,400円
3 17/05/27 15:28 1629 東京都 14,040円
4 17/05/26 13:42 1628 横浜市 4,320円
5 17/05/25 11:20 1627 神奈川 10,800円
6 17/05/24 12:37 1626 千葉県 2,592円
7 17/05/24 09:56 1625 横浜市 11,880円
8 17/05/23 23:57 1624 横浜市 17,280円
9 17/05/23 22:19 1623 平塚河 18,360円
10 17/05/23 16:01 1622 東京都 4,320円
11 17/05/22 16:26 1621 横浜市 18,360円
12 17/05/22 10:37 1620 厚木市 14,040円
13 17/05/20 14:12 1619 相模原 4,320円
14 17/05/20 13:28 1618 横浜市 38,880円
15 17/05/19 14:14 1617 神奈川 8,640円
人形供養はお電話でも申込可能です。お気軽にお電話ください。
TEL 0463-23-7351


>> ページTOPへ